セサミンとは、ゴマや米、麦などに含まれる成分の一つですが、近年の科学的研究によって、美容や健康に大変良い効果があることが分かり、注目を浴びるようになりました。

セサミンには強い抗酸化作用があり、高血圧など生活習慣病の予防や、若々しさを保つアンチエイジングに効果を発揮します。さらに、セサミンには大豆イソフラボンと同様に植物性ホルモンが含まれており、更年期障害など、ホルモンバランスの乱れによる不快な症状を緩和する働きを持っています。

セサミンはゴマに最も多く含まれていますが、それでも一粒に対して約1%未満しか存在せず、米や麦においては、精米過程でセサミン自体がなくなってしまいます。成人が一日に摂取すると良いと言われているセサミンの目安量は10㎎ですが、これはゴマ約3000粒分にも相当します。それだけの量のゴマを毎日食べるのは大変ですし、ゴマは硬い殻で覆われているので、そのまま食べても消化されにくく、ほとんどが体外に排出されてしまいます。すり潰すと吸収されやすくなりますが、ゴマは半分が脂質でできている高カロリー食のため、大量に食べ続けると肥満につながるデメリットがあります。その点、セサミンを抽出したサプリメントは、カロリーを気にせず手軽に必要量を摂取することができます。

世界中の食文化において古くから愛されてきたゴマですが、日本でも、特に禅僧など肉や魚を口にできない修行僧の間で、厳しい修行に耐えるだけの肉体を維持するため、滋養食として大切にされてきました。しかし、ただ単にカロリー源としてゴマを摂取していただけではなく、ゴマの持つ様々な効能を体験として感じ取り、伝統的に食べ続けてきたと考えられます。科学の発達していない時代から、ゴマが世界中で食されてきた理由は、セサミンの様々な効能にあると言ってもいいでしょう。